一般社団法人 日本コンクリート診断士会

・ はじめに
 わが国では戦後から高度成長期にかけて、膨大な投資により多くのコンクリー
ト構造物が構築され、それらは経年とともに老朽化が進み、一斉に経年劣化が顕
在化し、重大事故の発生につながることが懸念されています。

 このことから、老朽化した大量のコンクリート構造物を、効率的に維持管理し、
活用することが今後の構造物管理者、技術者に課せられた最大の課題となってい
ます。

 このような課題を解決するべく、日本コンクリート工学協会では、コンクリー
ト診断士制度を創設し、診断、補修・補強に係わる専門技術者を社会に輩出して
います。2001年から2009年の第9回診断士試験までに 7,460名のコンクリート診
断士を社会に送り出し、高い評価を受けています。

 それら資格を得たコンクリート診断士は、一層社会への貢献、資質向上を目指
し、全国に地区診断士会を設立し、勉強会、外部の講習会に講師派遣等の活動を
しております。



・ 一般社団法人日本コンクリート診断士会
 これらの各地区診断士会が、一層効率的な活動をし、社会的要請に応えるべく、
平成22年 7月23日に、日本コンクリート診断士会の設立総会を開催し、同年9月6日
に一般社団法人として認定されました。

 当会は各地区に設立されている、コンクリート診断士会の活動を強力に支援し
つつ、効率的な連携により、コンクリート診断士の資質向上、構造物管理者への
技術対応により、社会へ貢献するとともに、診断士の社会的信用・地位を向上す
ることを目的としています。

 今後は個人・法人会員を増強し、空白地域の診断士会設立を支援しつつ、一層
の連携強化を図り、コンクリート構造物の維持管理を通して、社会へ貢献する所
存です。

                                                ⇒ 「設立趣意書」

・ コンクリート診断士とは
 「コンクリート診断士」とは、社団法人日本コンクリート工学協会が認定する
資格で、平成13年から、この資格制度が始まりました。この資格は、社団法人日
本コンクリート工学協会が実施する試験によって、コンクリートの診断・維持管
理に関する幅広い知識や、高い技術を保有していると認定され、さらに登録され
た者に与えられます。 

 これまでのコンクリート関連の資格が、新設構造物に使用するコンクリートの
設計・製造・施工に主として関わってきたのに対して、この「コンクリート診断
士」は、既存コンクリートを対象として、その劣化の程度を診断し、維持管理の
提案を行います。


・ 地区診断士会一覧表
2021.04.01現在
  名  称 地区範囲  会長  会員数
 1 北海道コンクリート診断士会 北海道 横田 弘 121
 2 青森県コンクリート診断士会 青森県 奈良 裕 53
 3 新潟県コンクリート診断士会 新潟県 地濃 茂雄 131
 4 長野県コンクリート診断士会 長野県 日堂 俊之 88
 5 東京コンクリート診断士会 関東圏 小野 定 196
 6 NPO法人 石川県コンクリート診断士会 石川県 上田 信二 108
 7 福井県コンクリート診断士会 福井県 山川 博樹 159
 8 静岡コンクリート診断士会 静岡県 新井 秀恭 90
 9 東海コンクリート診断士会 愛知県・三重県・岐阜県 竹内 祥一 124
 10 京滋コンクリート診断士会 京都府・滋賀県 高井 俊次 26
 11 鳥取県コンクリート診断士会 鳥取県 奥村 智洋 56
 12 島根県コンクリート診断士会 島根県 井田 豊 99
 13 高知県コンクリート診断士会 高知県 原田 隆敏 56
 14 NPO法人 大分県コンクリート診断士会 制限なし 妹尾 忠幸 89
 15 宮崎県コンクリート診断士会 宮崎県 中澤 隆雄 95
16 富山県コンクリート診断士会 富山県 安川 榮志 66
 17 (一社)熊本県コンクリート診断士会 熊本県 勇 秀忠 62
 18 岡山県コンクリート診断士会 岡山県等 澤 嗣郎 84
         
ページ先頭に戻る